注釈

この章は機能を説明している参考文献に過ぎません.mlabの紹介と mlab の機能との対話して組み立て方法については mlab: 3Dプロット用のPythonスクリプト の章を参照してください.

サンプルの実行方法については, mlabスクリプトの実行 のセクションを参照してください.

図形処理関数

clf

mayavi.mlab.clf(figure=None)

現在の図をクリアします.

消去する数値を指定することもできます.

close

mayavi.mlab.close(scene=None, all=False)

図形ウィンドウを閉じます

close()単独で現在の測量図形を閉じます.

close(num)は,図形番号numを閉じます.

close(name) は,図名称nameを閉じます.

close(figure)は,figureがシーンインスタンスである場合に,そのfigureを閉じます.

close(all=True) はmlabによって制御されているすべての図を閉じます.

draw

mayavi.mlab.draw(figure=None)

現在の図を強制的に再描画します.

figure

mayavi.mlab.figure(figure=None, bgcolor=None, fgcolor=None, engine=None, size=(400, 350))

新しいシーンを作成するか,既存のシーンを読み込みます.mayaviエンジンが実行されていない場合は,これによっても起動されます.

キーワード引数

figure:図の名前,または図のハンドル.
bgcolor:背景の色(Noneがデフォルトです).
fgcolor:前景の色.すべてのテキスト注釈ラベルの色です(軸,方向軸,スカラバーラベル).注釈テキストを表示するには, bgcolor から十分に離れている必要があります.(Noneがデフォルトです).
engine:図を制御するmayaviエンジン.
size:作成されるシーンのサイズ,ピクセル単位.特定のシーンビューアには適用できません.

gcf

mayavi.mlab.gcf(engine=None)

ハンドルを現在の図に返します.

複数のmayaviエンジンがある場合は,現在のフィギュアを取得するエンジンを指定できます.

savefig

mayavi.mlab.savefig(filename, size=None, figure=None, magnification='auto', **kwargs)

現在のシーンを保存します.出力形式は,filenameの拡張子によって推測されます.可能なのは,png,jpg,bmp,tiff,ps,eps,pdf,rib(renderman),oogl(geomview),iv(OpenInventor),wrl,vrml,obj(wavefront),x3d,pov (povray)です.

パラメータ

Size:作成されるイメージのサイズ(拡大率が設定されていない場合,これはレンダリングに使用されるウィンドウのサイズです).
Figure:ファイルに保存するfigureインスタンス.
Magnification:拡大率は,画面上のピクセルと保存されたファイル内のピクセルとの間のスケーリングになります.指定しない場合は,指定したサイズでファイルが保存されるように計算されます.倍率を指定すると,Mayaviは指定されたサイズを画面サイズとして使用し,ファイルサイズは 'magnification * size' になります.

注記

指定されたサイズがウィンドウサイズよりも大きく,拡大パラメータが渡されない場合,作成されたイメージが要求されたサイズになるようにシーンの拡大率が変更されます.ウィンドウサイズより大きいサイズのイメージを保存しようとすると,計算コストが増加します.

追加のキーワード引数は,それぞれのイメージフォーマットの保存メソッドに渡されます.

screenshot

mayavi.mlab.screenshot(figure=None, mode='rgb', antialiased=False)

現在の図形のpixmapを配列として返します.

パラメータ

Figure:figureインスタンスまたはNone,オプション,指定した場合は,ビューをキャプチャする図形インスタンス.
Mode:{'rgb', 'rgba'} キャプチャされた配列のカラーモードです.
Antialiased:{True, False} スクリーンショットのレンダリングにアンチエイリアシングを使用します.figure.scene.anti_aliasing_framesで設定されたaaフレームの数を使用します.

注記

ほとんどのシステムでは,これはレンダリングウィンドウのスクリーンショットを撮るのと同じように機能します.したがって,別のウィンドウで非表示になっている場合は,別のウィンドウをキャプチャします.この制限は,ハードウェアグラフィックスシステムが頻繁に使用されるためです.

この関数は,matplotlibによって作成された2Dプロットで3DプロットをMayaviと統合する場合に便利です.

>>> from mayavi import mlab
>>> mlab.test_plot3d()
>>> arr = mlab.screenshot()
>>> import pylab as pl
>>> pl.imshow(arr)
>>> pl.axis('off')
>>> pl.show()

sync_camera

mayavi.mlab.sync_camera(reference_figure, target_figure)

reference_figure のカメラ上の target_figure のカメラを同期化します.