注釈

この章は機能を説明している参考文献に過ぎません.mlabの紹介と mlab の機能との対話して組み立て方法については mlab: 3Dプロット用のPythonスクリプト の章を参照してください.

サンプルの実行方法については, mlabスクリプトの実行 のセクションを参照してください.

フィルタ,モジュール,その他の機能

cell_derivatives

mayavi.tools.pipeline.cell_derivatives(*args, **kwargs)

入力点/ベクトルデータの導関数を計算し,セルデータとして出力します.

キーワード引数:

figure:SceneまたはNoneでなければなりません.
name:作成されたvtkオブジェクトの名前.

cell_to_point_data

mayavi.tools.pipeline.cell_to_point_data(*args, **kwargs)

セルのデータをアクティブなデータの点データに変換します

キーワード引数:

figure:SceneまたはNoneでなければなりません.
name:作成されたvtkオブジェクトの名前.

contour

mayavi.tools.pipeline.contour(*args, **kwargs)

入力データセットの輪郭を計算する

キーワード引数:

figure:SceneまたはNoneでなければなりません.
name:作成されたvtkオブジェクトの名前.

contour_grid_plane

mayavi.tools.pipeline.contour_grid_plane(*args, **kwargs)
::
ContourGridPlane mayaviモジュールを指定されたデータに適用します

source(Mayaviソース,またはVTKデータセット).

キーワード引数:

color:vtkオブジェクトの色.カラーマップを指定した場合,カラーマップを上書きします.これは0から1の範囲のfloatのトリプレット (1, 1, 1) として指定されます.
colormap:使用するカラーマップのタイプ.
contours:等高線の数またはリストを指定する整数またはリスト.値のリストを指定すると,要求された等高線のみが表示されます.
extent:[xmin, xmax, ymin, ymax, zmin, zmax] デフォルトはx,y,z配列範囲です.作成したオブジェクトの範囲を変更します.
figure:SceneまたはNoneでなければなりません.
line_width:使用されている場合,線の幅.floatでなければなりません.デフォルトは2.0
name:作成されたvtkオブジェクトの名前.
opacity:vtkオブジェクトの全体的な不透明度.floatでなければなりません.デフォルトは1.0
reset_zoom:シーンに新しく追加されたデータに合わせてズームをリセットします.既定値はTrueです.
transparent:アクターの不透明度をスカラーに依存させます.
vmax:vmaxを使用してカラーマップをスケールします.なしの場合,データの最大値が使用されます.
vmin:vminを使用してカラーマップをスケールします.なしの場合,データの最小値が使用されます.

contour_surface

mayavi.tools.pipeline.contour_surface(*args, **kwargs)

指定したデータソース(Mayaviソース,またはVTKデータセット)にSurface mayaviモジュールを適用してコンタをオンにします.

キーワード引数:

color:vtkオブジェクトの色.カラーマップを指定した場合,カラーマップを上書きします.これは0から1の範囲のfloatのトリプレット (1, 1, 1) として指定されます.
colormap:使用するカラーマップのタイプ.
contours:等高線の数またはリストを指定する整数またはリスト.値のリストを指定すると,要求された等高線のみが表示されます.
extent:[xmin, xmax, ymin, ymax, zmin, zmax] デフォルトはx,y,z配列範囲です.作成したオブジェクトの範囲を変更します.
figure:SceneまたはNoneでなければなりません.
line_width:使用されている場合,線の幅.floatでなければなりません.デフォルトは2.0
name:作成されたvtkオブジェクトの名前.
opacity:vtkオブジェクトの全体的な不透明度.floatでなければなりません.デフォルトは1.0
reset_zoom:シーンに新しく追加されたデータに合わせてズームをリセットします.既定値はTrueです.
transparent:アクターの不透明度をスカラーに依存させます.
vmax:vmaxを使用してカラーマップをスケールします.なしの場合,データの最大値が使用されます.
vmin:vminを使用してカラーマップをスケールします.なしの場合,データの最小値が使用されます.

custom_grid_plane

mayavi.tools.pipeline.custom_grid_plane(*args, **kwargs)
::
指定されたVTKデータにCustomGridPlane mayaviモジュールを適用します

source(Mayaviソース,またはVTKデータセット).

キーワード引数:

color:vtkオブジェクトの色.カラーマップを指定した場合,カラーマップを上書きします.これは0から1の範囲のfloatのトリプレット (1, 1, 1) として指定されます.
colormap:使用するカラーマップのタイプ.
contours:等高線の数またはリストを指定する整数またはリスト.値のリストを指定すると,要求された等高線のみが表示されます.
extent:[xmin, xmax, ymin, ymax, zmin, zmax] デフォルトはx,y,z配列範囲です.作成したオブジェクトの範囲を変更します.
figure:SceneまたはNoneでなければなりません.
line_width:使用されている場合,線の幅.floatでなければなりません.デフォルトは2.0
name:作成されたvtkオブジェクトの名前.
opacity:vtkオブジェクトの全体的な不透明度.floatでなければなりません.デフォルトは1.0
reset_zoom:シーンに新しく追加されたデータに合わせてズームをリセットします.既定値はTrueです.
transparent:アクターの不透明度をスカラーに依存させます.
vmax:vmaxを使用してカラーマップをスケールします.なしの場合,データの最大値が使用されます.
vmin:vminを使用してカラーマップをスケールします.なしの場合,データの最小値が使用されます.

cut_plane

mayavi.tools.pipeline.cut_plane(*args, **kwargs)

入力データセットを切断面でスライスします

キーワード引数:

figure:SceneまたはNoneでなければなりません.
name:作成されたvtkオブジェクトの名前.

data_set_clipper

mayavi.tools.pipeline.data_set_clipper(*args, **kwargs)

入力データセットをクリップします

キーワード引数:

figure:SceneまたはNoneでなければなりません.
name:作成されたvtkオブジェクトの名前.

decimate_pro

mayavi.tools.pipeline.decimate_pro(*args, **kwargs)

DecimateProフィルタを使用してメッシュを単純化します

キーワード引数:

figure:SceneまたはNoneでなければなりません.
name:作成されたvtkオブジェクトの名前.

delaunay2d

mayavi.tools.pipeline.delaunay2d(*args, **kwargs)

指定されたデータに対して2D Delaunay三角形分割を実行します

キーワード引数:

figure:SceneまたはNoneでなければなりません.
name:作成されたvtkオブジェクトの名前.

delaunay3d

mayavi.tools.pipeline.delaunay3d(*args, **kwargs)

指定されたデータに対して3D Delaunay三角形分割を実行します

キーワード引数:

figure:SceneまたはNoneでなければなりません.
name:作成されたvtkオブジェクトの名前.

elevation

mayavi.tools.pipeline.elevation(*args, **kwargs)

方向に沿った標高からスカラーデータを作成します

キーワード引数:

figure:SceneまたはNoneでなければなりません.
name:作成されたvtkオブジェクトの名前.

elevation_filter

mayavi.tools.pipeline.elevation_filter(*args, **kwargs)

指定されたVTKオブジェクトにElevation Filter mayaviフィルタを適用します.

キーワード引数:

figure:SceneまたはNoneでなければなりません.
high_point:投影線の終点
low_point:投影線の始点
name:作成されたvtkオブジェクトの名前.

extract_edges

mayavi.tools.pipeline.extract_edges(*args, **kwargs)

エッジを線分に変換します.

キーワード引数:

figure:SceneまたはNoneでなければなりません.
name:作成されたvtkオブジェクトの名前.

extract_grid

mayavi.tools.pipeline.extract_grid(*args, **kwargs)

構造化されたグリッドの一部の抽出/サブサンプル

キーワード引数:

figure:SceneまたはNoneでなければなりません.
name:作成されたvtkオブジェクトの名前.

extract_tensor_components

mayavi.tools.pipeline.extract_tensor_components(*args, **kwargs)

テンソルデータからテンソル成分を抽出します

キーワード引数:

figure:SceneまたはNoneでなければなりません.
name:作成されたvtkオブジェクトの名前.

extract_unstructured_grid

mayavi.tools.pipeline.extract_unstructured_grid(*args, **kwargs)

非構造化グリッドの一部を抽出します

キーワード引数:

figure:SceneまたはNoneでなければなりません.
name:作成されたvtkオブジェクトの名前.

extract_vector_components

mayavi.tools.pipeline.extract_vector_components(*args, **kwargs)

ベクトルデータからベクトルコンポーネントを抽出します

キーワード引数:

figure:SceneまたはNoneでなければなりません.
name:作成されたvtkオブジェクトの名前.

extract_vector_norm

mayavi.tools.pipeline.extract_vector_norm(*args, **kwargs)

現在のベクトルデータのベクトルノルムを計算します

キーワード引数:

figure:SceneまたはNoneでなければなりません.
name:作成されたvtkオブジェクトの名前.

gaussian_splatter

mayavi.tools.pipeline.gaussian_splatter(*args, **kwargs)

ポイントクラウド,スカラーを定義するローカル密度,から構造化されたポイントセットを構築します.これは本質的に3D Gaussカーネル密度推定と等価です. キーワード引数:

figure:SceneまたはNoneでなければなりません.
name:作成されたvtkオブジェクトの名前.

glyph

mayavi.tools.pipeline.glyph(*args, **kwargs)

指定されたVTKデータソース(Mayaviソース,またはVTKデータセット)にGlyph mayaviモジュールを適用します.

キーワード引数:

color:vtkオブジェクトの色.カラーマップを指定した場合,カラーマップを上書きします.これは0から1の範囲のfloatのトリプレット (1, 1, 1) として指定されます.
colormap:使用するカラーマップのタイプ.
extent:[xmin, xmax, ymin, ymax, zmin, zmax] デフォルトはx,y,z配列範囲です.作成したオブジェクトの範囲を変更します.
figure:SceneまたはNoneでなければなりません.
line_width:使用されている場合,線の幅.floatでなければなりません.デフォルトは2.0
mask_points:指定した場合, 'mask_points' データ・ポイントのうちの1つのみが表示されます.このオプションは,大きなデータセットに表示される点の数を減らすのに役立ちます.整数またはNoneでなければなりません.
mode:glyphsのモード.2darrow' または '2dcircle' または '2dcross' または '2ddash' または '2ddiamond' または '2dhooked_arrow' または '2dsquare' または '2dthick_arrow' または '2dthick_cross' または '2dtriangle' または '2dvertex' または 'arrow' または 'axes' または 'cone' または 'cube' または 'cylinder' または 'point' または 'sphere' です.デフォルトはsphereです.
name:作成されたvtkオブジェクトの名前.
opacity:vtkオブジェクトの全体的な不透明度.floatでなければなりません.デフォルトは1.0
reset_zoom:シーンに新しく追加されたデータに合わせてズームをリセットします.既定値はTrueです.
resolution:作成される記号の解像度.たとえば,球体の場合,これはthetaとphiに沿った分割数です.整数でなければなりません.デフォルトは8
scale_factor:字形に適用されるスケーリング.既定では,記号のサイズは作図単位で指定されます.floatでなければなりません.デフォルトは1.0
scale_mode:グリフ ('vector', 'scalar', か 'none') のスケーリングモード.
transparent:アクターの不透明度をスカラーに依存させます.
vmax:vmaxを使用してカラーマップをスケールします.なしの場合,データの最大値が使用されます.
vmin:vminを使用してカラーマップをスケールします.なしの場合,データの最小値が使用されます.

greedy_terrain_decimation

mayavi.tools.pipeline.greedy_terrain_decimation(*args, **kwargs)

イメージデータを単純化し,三角形分割を実行します.

キーワード引数:

figure:SceneまたはNoneでなければなりません.
name:作成されたvtkオブジェクトの名前.

grid_plane

mayavi.tools.pipeline.grid_plane(*args, **kwargs)

指定された入力のグリッド平面を表示します

キーワード引数:

color:vtkオブジェクトの色.カラーマップを指定した場合,カラーマップを上書きします.これは0から1の範囲のfloatのトリプレット (1, 1, 1) として指定されます.
colormap:使用するカラーマップのタイプ.
extent:[xmin, xmax, ymin, ymax, zmin, zmax] デフォルトはx,y,z配列範囲です.作成したオブジェクトの範囲を変更します.
figure:SceneまたはNoneでなければなりません.
line_width:使用されている場合,線の幅.floatでなければなりません.デフォルトは2.0
name:作成されたvtkオブジェクトの名前.
opacity:vtkオブジェクトの全体的な不透明度.floatでなければなりません.デフォルトは1.0
reset_zoom:シーンに新しく追加されたデータに合わせてズームをリセットします.既定値はTrueです.
transparent:アクターの不透明度をスカラーに依存させます.
vmax:vmaxを使用してカラーマップをスケールします.なしの場合,データの最大値が使用されます.
vmin:vminを使用してカラーマップをスケールします.なしの場合,データの最小値が使用されます.

hyper_streamline

mayavi.tools.pipeline.hyper_streamline(*args, **kwargs)

テンソルデータのハイパーストリーム線を表示します

キーワード引数:

color:vtkオブジェクトの色.カラーマップを指定した場合,カラーマップを上書きします.これは0から1の範囲のfloatのトリプレット (1, 1, 1) として指定されます.
colormap:使用するカラーマップのタイプ.
extent:[xmin, xmax, ymin, ymax, zmin, zmax] デフォルトはx,y,z配列範囲です.作成したオブジェクトの範囲を変更します.
figure:SceneまたはNoneでなければなりません.
line_width:使用されている場合,線の幅.floatでなければなりません.デフォルトは2.0
name:作成されたvtkオブジェクトの名前.
opacity:vtkオブジェクトの全体的な不透明度.floatでなければなりません.デフォルトは1.0
reset_zoom:シーンに新しく追加されたデータに合わせてズームをリセットします.既定値はTrueです.
transparent:アクターの不透明度をスカラーに依存させます.
vmax:vmaxを使用してカラーマップをスケールします.なしの場合,データの最大値が使用されます.
vmin:vminを使用してカラーマップをスケールします.なしの場合,データの最小値が使用されます.

image_actor

mayavi.tools.pipeline.image_actor(*args, **kwargs)

ImageActor mayaviモジュールを指定されたVTKデータオブジェクトに適用します.

キーワード引数:

color:vtkオブジェクトの色.カラーマップを指定した場合,カラーマップを上書きします.これは0から1の範囲のfloatのトリプレット (1, 1, 1) として指定されます.
colormap:使用するカラーマップのタイプ.
extent:[xmin, xmax, ymin, ymax, zmin, zmax] デフォルトはx,y,z配列範囲です.作成したオブジェクトの範囲を変更します.
figure:SceneまたはNoneでなければなりません.
interpolate:イメージ内のピクセルが補間されるかどうか.ブール値でなければなりません.デフォルトはTrueです.
line_width:使用されている場合,線の幅.floatでなければなりません.デフォルトは2.0
name:作成されたvtkオブジェクトの名前.
opacity:イメージの不透明度.有効な値でなければなりません.デフォルトは1.0
reset_zoom:シーンに新しく追加されたデータに合わせてズームをリセットします.既定値はTrueです.
transparent:アクターの不透明度をスカラーに依存させます.
vmax:vmaxを使用してカラーマップをスケールします.なしの場合,データの最大値が使用されます.
vmin:vminを使用してカラーマップをスケールします.なしの場合,データの最小値が使用されます.

image_change_information

mayavi.tools.pipeline.image_change_information(*args, **kwargs)

イメージデータセットの原点,間隔,範囲を変更します

キーワード引数:

figure:SceneまたはNoneでなければなりません.
name:作成されたvtkオブジェクトの名前.

image_data_probe

mayavi.tools.pipeline.image_data_probe(*args, **kwargs)

画像データセット上に任意のデータセットをサンプリングします(データのキューブ)

キーワード引数:

figure:SceneまたはNoneでなければなりません.
name:作成されたvtkオブジェクトの名前.

image_plane_widget

mayavi.tools.pipeline.image_plane_widget(*args, **kwargs)
::
ImagePlaneWidget mayaviモジュールを指定されたデータに適用します.

source(Mayaviソース,またはVTKデータセット).

キーワード引数:

color:vtkオブジェクトの色.カラーマップを指定した場合,カラーマップを上書きします.これは0から1の範囲のfloatのトリプレット (1, 1, 1) として指定されます.
colormap:使用するカラーマップのタイプ.
extent:[xmin, xmax, ymin, ymax, zmin, zmax] デフォルトはx,y,z配列範囲です.作成したオブジェクトの範囲を変更します.
figure:SceneまたはNoneでなければなりません.
line_width:使用されている場合,線の幅.floatでなければなりません.デフォルトは2.0
name:作成されたvtkオブジェクトの名前.
opacity:vtkオブジェクトの全体的な不透明度.floatでなければなりません.デフォルトは1.0
plane_opacity:平面アクターの不透明度.有効な値でなければなりません.デフォルトは1.0
plane_orientation:
 平面の方向は有効な値でなければなりません.デフォルトは x_axes
reset_zoom:シーンに新しく追加されたデータに合わせてズームをリセットします.既定値はTrueです.
slice_index:スライスされるイメージのインデックス.
transparent:アクターの不透明度をスカラーに依存させます.
vmax:vmaxを使用してカラーマップをスケールします.なしの場合,データの最大値が使用されます.
vmin:vminを使用してカラーマップをスケールします.なしの場合,データの最小値が使用されます.

iso_surface

mayavi.tools.pipeline.iso_surface(*args, **kwargs)

指定されたデータソース(Mayaviソース,またはVTKデータセット)にIsoSurface mayaviモジュールを適用します.

キーワード引数:

color:vtkオブジェクトの色.カラーマップを指定した場合,カラーマップを上書きします.これは0から1の範囲のfloatのトリプレット (1, 1, 1) として指定されます.
colormap:使用するカラーマップのタイプ.
contours:等高線の数またはリストを指定する整数またはリスト.値のリストを指定すると,要求された等高線のみが表示されます.
extent:[xmin, xmax, ymin, ymax, zmin, zmax] デフォルトはx,y,z配列範囲です.作成したオブジェクトの範囲を変更します.
figure:SceneまたはNoneでなければなりません.
line_width:使用されている場合,線の幅.floatでなければなりません.デフォルトは2.0
name:作成されたvtkオブジェクトの名前.
opacity:vtkオブジェクトの全体的な不透明度.floatでなければなりません.デフォルトは1.0
reset_zoom:シーンに新しく追加されたデータに合わせてズームをリセットします.既定値はTrueです.
transparent:アクターの不透明度をスカラーに依存させます.
vmax:vmaxを使用してカラーマップをスケールします.なしの場合,データの最大値が使用されます.
vmin:vminを使用してカラーマップをスケールします.なしの場合,データの最小値が使用されます.

labels

mayavi.tools.pipeline.labels(*args, **kwargs)

アクティブなデータセットまたはアクティブなモジュールのラベルを表示します

キーワード引数:

color:vtkオブジェクトの色.カラーマップを指定した場合,カラーマップを上書きします.これは0から1の範囲のfloatのトリプレット (1, 1, 1) として指定されます.
colormap:使用するカラーマップのタイプ.
extent:[xmin, xmax, ymin, ymax, zmin, zmax] デフォルトはx,y,z配列範囲です.作成したオブジェクトの範囲を変更します.
figure:SceneまたはNoneでなければなりません.
line_width:使用されている場合,線の幅.floatでなければなりません.デフォルトは2.0
name:作成されたvtkオブジェクトの名前.
opacity:vtkオブジェクトの全体的な不透明度.floatでなければなりません.デフォルトは1.0
reset_zoom:シーンに新しく追加されたデータに合わせてズームをリセットします.既定値はTrueです.
transparent:アクターの不透明度をスカラーに依存させます.
vmax:vmaxを使用してカラーマップをスケールします.なしの場合,データの最大値が使用されます.
vmin:vminを使用してカラーマップをスケールします.なしの場合,データの最小値が使用されます.

mask_points

mayavi.tools.pipeline.mask_points(*args, **kwargs)

データの入力ポイントをマスクします

キーワード引数:

figure:SceneまたはNoneでなければなりません.
name:作成されたvtkオブジェクトの名前.

outline

mayavi.tools.pipeline.outline(*args, **kwargs)

指定した入力のアウトラインを描画します

キーワード引数:

color:vtkオブジェクトの色.カラーマップを指定した場合,カラーマップを上書きします.これは0から1の範囲のfloatのトリプレット (1, 1, 1) として指定されます.
colormap:使用するカラーマップのタイプ.
extent:[xmin, xmax, ymin, ymax, zmin, zmax] デフォルトはx,y,z配列範囲です.作成したオブジェクトの範囲を変更します.
figure:SceneまたはNoneでなければなりません.
line_width:使用されている場合,線の幅.floatでなければなりません.デフォルトは2.0
name:作成されたvtkオブジェクトの名前.
opacity:vtkオブジェクトの全体的な不透明度.floatでなければなりません.デフォルトは1.0
reset_zoom:シーンに新しく追加されたデータに合わせてズームをリセットします.既定値はTrueです.
transparent:アクターの不透明度をスカラーに依存させます.
vmax:vmaxを使用してカラーマップをスケールします.なしの場合,データの最大値が使用されます.
vmin:vminを使用してカラーマップをスケールします.なしの場合,データの最小値が使用されます.

point_to_cell_data

mayavi.tools.pipeline.point_to_cell_data(*args, **kwargs)

点データをアクティブなデータのセルデータに変換します

キーワード引数:

figure:SceneまたはNoneでなければなりません.
name:作成されたvtkオブジェクトの名前.

poly_data_normals

mayavi.tools.pipeline.poly_data_normals(*args, **kwargs)

法線を計算して外観を滑らかにします

キーワード引数:

figure:SceneまたはNoneでなければなりません.
name:作成されたvtkオブジェクトの名前.

quadric_decimation

mayavi.tools.pipeline.quadric_decimation(*args, **kwargs)

三角形メッシュを簡略化します

キーワード引数:

figure:SceneまたはNoneでなければなりません.
name:作成されたvtkオブジェクトの名前.

scalar_cut_plane

mayavi.tools.pipeline.scalar_cut_plane(*args, **kwargs)
::
指定されたデータにScalarCutPlane mayaviモジュールを適用します

source(Mayaviソース,またはVTKデータセット).

キーワード引数:

color:vtkオブジェクトの色.カラーマップを指定した場合,カラーマップを上書きします.これは0から1の範囲のfloatのトリプレット (1, 1, 1) として指定されます.
colormap:使用するカラーマップのタイプ.
extent:[xmin, xmax, ymin, ymax, zmin, zmax] デフォルトはx,y,z配列範囲です.作成したオブジェクトの範囲を変更します.
figure:SceneまたはNoneでなければなりません.
line_width:使用されている場合,線の幅.floatでなければなりません.デフォルトは2.0
name:作成されたvtkオブジェクトの名前.
opacity:vtkオブジェクトの全体的な不透明度.floatでなければなりません.デフォルトは1.0
plane_orientation:
 平面の方向は有効な値でなければなりません.デフォルトは x_axes
reset_zoom:シーンに新しく追加されたデータに合わせてズームをリセットします.既定値はTrueです.
transparent:アクターの不透明度をスカラーに依存させます.
view_controls:切断面のコントロールを表示するかどうかを指定します.ブール値でなければなりません.デフォルトはTrue
vmax:vmaxを使用してカラーマップをスケールします.なしの場合,データの最大値が使用されます.
vmin:vminを使用してカラーマップをスケールします.なしの場合,データの最小値が使用されます.

select_output

mayavi.tools.pipeline.select_output(*args, **kwargs)

使用するソースの出力を選択します.

キーワード引数:

figure:SceneまたはNoneでなければなりません.
name:作成されたvtkオブジェクトの名前.

set_active_attribute

mayavi.tools.pipeline.set_active_attribute(*args, **kwargs)
::
指定されたオブジェクトにSetActiveAttribute Filter mayaviフィルタを適用します.

VTKオブジェクト.

キーワード引数:

cell_scalars:アクティブなスカラーベクトルの名前
cell_tensors:アクティブなテンソルベクトルの名前
cell_vectors:アクティブなセルベクトルの名前
figure:SceneまたはNoneでなければなりません.
name:作成されたvtkオブジェクトの名前.
point_scalars:アクティブな点スカラーの名前
point_tensors:アクティブな点テンソルの名前
point_vectors:アクティブな点ベクトルの名前

slice_unstructured_grid

mayavi.tools.pipeline.slice_unstructured_grid(*args, **kwargs)

非構造化グリッドをスライスしてセルを表示します

キーワード引数:

color:vtkオブジェクトの色.カラーマップを指定した場合,カラーマップを上書きします.これは0から1の範囲のfloatのトリプレット (1, 1, 1) として指定されます.
colormap:使用するカラーマップのタイプ.
extent:[xmin, xmax, ymin, ymax, zmin, zmax] デフォルトはx,y,z配列範囲です.作成したオブジェクトの範囲を変更します.
figure:SceneまたはNoneでなければなりません.
line_width:使用されている場合,線の幅.floatでなければなりません.デフォルトは2.0
name:作成されたvtkオブジェクトの名前.
opacity:vtkオブジェクトの全体的な不透明度.floatでなければなりません.デフォルトは1.0
reset_zoom:シーンに新しく追加されたデータに合わせてズームをリセットします.既定値はTrueです.
transparent:アクターの不透明度をスカラーに依存させます.
vmax:vmaxを使用してカラーマップをスケールします.なしの場合,データの最大値が使用されます.
vmin:vminを使用してカラーマップをスケールします.なしの場合,データの最小値が使用されます.

streamline

mayavi.tools.pipeline.streamline(*args, **kwargs)

指定されたVTKデータオブジェクトにStreamline mayaviモジュールを適用します.

キーワード引数:

color:vtkオブジェクトの色.カラーマップを指定した場合,カラーマップを上書きします.これは0から1の範囲のfloatのトリプレット (1, 1, 1) として指定されます.
colormap:使用するカラーマップのタイプ.
extent:[xmin, xmax, ymin, ymax, zmin, zmax] デフォルトはx,y,z配列範囲です.作成したオブジェクトの範囲を変更します.
figure:SceneまたはNoneでなければなりません.
integration_direction:
 積分方向. 'forward' , 'backward' ,または 'both' でなければなりません.デフォルトはforwardです.
line_width:使用されている場合,線の幅.floatでなければなりません.デフォルトは2.0
linetype:流線を表示するために使用される線状のオブジェクトのタイプ. 'line' , 'ribbon' ,または 'tube' でなければなりません.デフォルトはlineです.
name:作成されたvtkオブジェクトの名前.
opacity:vtkオブジェクトの全体的な不透明度.floatでなければなりません.デフォルトは1.0
reset_zoom:シーンに新しく追加されたデータに合わせてズームをリセットします.既定値はTrueです.
seed_resolution:
 seedの解像度.seedポイントの数を指定します.整数またはNoneを指定する必要があります.
seed_scale:既定値の中心を基準にseed をスケーリングします.浮動小数点型である必要があります.デフォルトは1.0
seed_visible:シードの表示/非表示をコントロールします.ブール値でなければなりません.デフォルトはTrue
seedtype:流線のシードとして使用されるウィジェット. 'line' , 'plane' , 'point' ,または 'sphere' でなければなりません.デフォルトはsphereです.
transparent:アクターの不透明度をスカラーに依存させます.
vmax:vmaxを使用してカラーマップをスケールします.なしの場合,データの最大値が使用されます.
vmin:vminを使用してカラーマップをスケールします.なしの場合,データの最小値が使用されます.

stripper

mayavi.tools.pipeline.stripper(*args, **kwargs)

三角ストリップを作成してサーフェスを正規化します

キーワード引数:

figure:SceneまたはNoneでなければなりません.
name:作成されたvtkオブジェクトの名前.

structured_grid_outline

mayavi.tools.pipeline.structured_grid_outline(*args, **kwargs)

構造化グリッドのグリッドに準拠したアウトラインを描画します.

キーワード引数:

color:vtkオブジェクトの色.カラーマップを指定した場合,カラーマップを上書きします.これは0から1の範囲のfloatのトリプレット (1, 1, 1) として指定されます.
colormap:使用するカラーマップのタイプ.
extent:[xmin, xmax, ymin, ymax, zmin, zmax] デフォルトはx,y,z配列範囲です.作成したオブジェクトの範囲を変更します.
figure:SceneまたはNoneでなければなりません.
line_width:使用されている場合,線の幅.floatでなければなりません.デフォルトは2.0
name:作成されたvtkオブジェクトの名前.
opacity:vtkオブジェクトの全体的な不透明度.floatでなければなりません.デフォルトは1.0
reset_zoom:シーンに新しく追加されたデータに合わせてズームをリセットします.既定値はTrueです.
transparent:アクターの不透明度をスカラーに依存させます.
vmax:vmaxを使用してカラーマップをスケールします.なしの場合,データの最大値が使用されます.
vmin:vminを使用してカラーマップをスケールします.なしの場合,データの最小値が使用されます.

surface

mayavi.tools.pipeline.surface(*args, **kwargs)

指定されたデータソース(Mayaviソース,またはVTKデータセット)にSurface mayaviモジュールを適用します.

キーワード引数:

color:vtkオブジェクトの色.カラーマップを指定した場合,カラーマップを上書きします.これは0から1の範囲のfloatのトリプレット (1, 1, 1) として指定されます.
colormap:使用するカラーマップのタイプ.
extent:[xmin, xmax, ymin, ymax, zmin, zmax] デフォルトはx,y,z配列範囲です.作成したオブジェクトの範囲を変更します.
figure:SceneまたはNoneでなければなりません.
line_width:使用されている場合,線の幅.floatでなければなりません.デフォルトは2.0
name:作成されたvtkオブジェクトの名前.
opacity:vtkオブジェクトの全体的な不透明度.floatでなければなりません.デフォルトは1.0
representation:サーフェスに使用される表示タイプ. 'surface' , 'wireframe' ,または 'points' でなければなりません.デフォルトはsurfaceです.
reset_zoom:シーンに新しく追加されたデータに合わせてズームをリセットします.既定値はTrueです.
transparent:アクターの不透明度をスカラーに依存させます.
vmax:vmaxを使用してカラーマップをスケールします.なしの場合,データの最大値が使用されます.
vmin:vminを使用してカラーマップをスケールします.なしの場合,データの最小値が使用されます.

tensor_glyph

mayavi.tools.pipeline.tensor_glyph(*args, **kwargs)

テンソルデータに基づいて尺度と方向が変更された記号を表示します

キーワード引数:

color:vtkオブジェクトの色.カラーマップを指定した場合,カラーマップを上書きします.これは0から1の範囲のfloatのトリプレット (1, 1, 1) として指定されます.
colormap:使用するカラーマップのタイプ.
extent:[xmin, xmax, ymin, ymax, zmin, zmax] デフォルトはx,y,z配列範囲です.作成したオブジェクトの範囲を変更します.
figure:SceneまたはNoneでなければなりません.
line_width:使用されている場合,線の幅.floatでなければなりません.デフォルトは2.0
name:作成されたvtkオブジェクトの名前.
opacity:vtkオブジェクトの全体的な不透明度.floatでなければなりません.デフォルトは1.0
reset_zoom:シーンに新しく追加されたデータに合わせてズームをリセットします.既定値はTrueです.
transparent:アクターの不透明度をスカラーに依存させます.
vmax:vmaxを使用してカラーマップをスケールします.なしの場合,データの最大値が使用されます.
vmin:vminを使用してカラーマップをスケールします.なしの場合,データの最小値が使用されます.

text3d

mayavi.tools.pipeline.text3d(*args, **kwargs)

シーン内の3D位置にユーザ指定のテキストを表示します.

キーワード引数:

color:vtkオブジェクトの色.カラーマップを指定した場合,カラーマップを上書きします.これは0から1の範囲のfloatのトリプレット (1, 1, 1) として指定されます.
colormap:使用するカラーマップのタイプ.
extent:[xmin, xmax, ymin, ymax, zmin, zmax] デフォルトはx,y,z配列範囲です.作成したオブジェクトの範囲を変更します.
figure:SceneまたはNoneでなければなりません.
line_width:使用されている場合,線の幅.floatでなければなりません.デフォルトは2.0
name:作成されたvtkオブジェクトの名前.
opacity:vtkオブジェクトの全体的な不透明度.floatでなければなりません.デフォルトは1.0
reset_zoom:シーンに新しく追加されたデータに合わせてズームをリセットします.既定値はTrueです.
transparent:アクターの不透明度をスカラーに依存させます.
vmax:vmaxを使用してカラーマップをスケールします.なしの場合,データの最大値が使用されます.
vmin:vminを使用してカラーマップをスケールします.なしの場合,データの最小値が使用されます.

threshold

mayavi.tools.pipeline.threshold(*args, **kwargs)

指定されたVTKオブジェクトにThreshold mayaviフィルタを適用します.

キーワード引数:

figure:SceneまたはNoneでなければなりません.
filter_type:セルまたは点にしきい値が設定されている場合
low:下限閾値
name:作成されたvtkオブジェクトの名前.
up:上限閾値

transform_data

mayavi.tools.pipeline.transform_data(*args, **kwargs)

ImageData以外のデータセットの変換(回転/移動/スケール)

キーワード引数:

figure:SceneまたはNoneでなければなりません.
name:作成されたvtkオブジェクトの名前.

triangle_filter

mayavi.tools.pipeline.triangle_filter(*args, **kwargs)

入力ポリゴンと三角ストリップを三角形に変換します

キーワード引数:

figure:SceneまたはNoneでなければなりません.
name:作成されたvtkオブジェクトの名前.

tube

mayavi.tools.pipeline.tube(*args, **kwargs)

指定されたVTKオブジェクトにTube mayaviフィルタを適用します.

キーワード引数:

figure:SceneまたはNoneでなければなりません.
name:作成されたvtkオブジェクトの名前.
tube_radius:線の表示に使用する管の半径.floatでなければなりません.デフォルトは0.05
tube_sides:線を表すために使用されるチューブの側面の数.整数でなければなりません.デフォルトは6です.

user_defined

mayavi.tools.pipeline.user_defined(*args, **kwargs)

指定されたTVTKオブジェクトにUserDefined mayaviフィルタを適用します.

キーワード引数:

figure:SceneまたはNoneでなければなりません.
filter:調整するtvtkフィルタ.これは,フィルターのインスタンス,またはこのフィルターの名前です.
name:作成されたvtkオブジェクトの名前.

vector_cut_plane

mayavi.tools.pipeline.vector_cut_plane(*args, **kwargs)
::
指定されたデータにVectorCutPlane mayaviモジュールを適用します

source(Mayaviソース,またはVTKデータセット).

キーワード引数:

color:vtkオブジェクトの色.カラーマップを指定した場合,カラーマップを上書きします.これは0から1の範囲のfloatのトリプレット (1, 1, 1) として指定されます.
colormap:使用するカラーマップのタイプ.
extent:[xmin, xmax, ymin, ymax, zmin, zmax] デフォルトはx,y,z配列範囲です.作成したオブジェクトの範囲を変更します.
figure:SceneまたはNoneでなければなりません.
line_width:使用されている場合,線の幅.floatでなければなりません.デフォルトは2.0
mask_points:指定した場合, 'mask_points' データ・ポイントのうちの1つのみが表示されます.このオプションは,大きなデータセットに表示される点の数を減らすのに役立ちます.整数またはNoneでなければなりません.
mode:glyphsのモード.2darrow' または '2dcircle' または '2dcross' または '2ddash' または '2ddiamond' または '2dhooked_arrow' または '2dsquare' または '2dthick_arrow' または '2dthick_cross' または '2dtriangle' または '2dvertex' または 'arrow' または 'axes' または 'cone' または 'cube' または 'cylinder' または 'point' または 'sphere' です.デフォルトは2darrowです.
name:作成されたvtkオブジェクトの名前.
opacity:vtkオブジェクトの全体的な不透明度.floatでなければなりません.デフォルトは1.0
plane_orientation:
 平面の方向は有効な値でなければなりません.デフォルトは x_axes
reset_zoom:シーンに新しく追加されたデータに合わせてズームをリセットします.既定値はTrueです.
resolution:作成される記号の解像度.たとえば,球体の場合,これはthetaとphiに沿った分割数です.整数でなければなりません.デフォルトは8
scale_factor:字形に適用されるスケーリング.既定では,記号のサイズは作図単位で指定されます.floatでなければなりません.デフォルトは1.0
scale_mode:グリフ ('vector', 'scalar', か 'none') のスケーリングモード.
transparent:アクターの不透明度をスカラーに依存させます.
view_controls:切断面のコントロールを表示するかどうかを指定します.ブール値でなければなりません.デフォルトはTrue
vmax:vmaxを使用してカラーマップをスケールします.なしの場合,データの最大値が使用されます.
vmin:vminを使用してカラーマップをスケールします.なしの場合,データの最小値が使用されます.

vectors

mayavi.tools.pipeline.vectors(*args, **kwargs)

指定されたデータオブジェクトソース(Mayaviソース,またはVTKデータセット)にVectors mayaviモジュールを適用します.

キーワード引数:

color:vtkオブジェクトの色.カラーマップを指定した場合,カラーマップを上書きします.これは0から1の範囲のfloatのトリプレット (1, 1, 1) として指定されます.
colormap:使用するカラーマップのタイプ.
extent:[xmin, xmax, ymin, ymax, zmin, zmax] デフォルトはx,y,z配列範囲です.作成したオブジェクトの範囲を変更します.
figure:SceneまたはNoneでなければなりません.
line_width:使用されている場合,線の幅.floatでなければなりません.デフォルトは2.0
mask_points:指定した場合, 'mask_points' データ・ポイントのうちの1つのみが表示されます.このオプションは,大きなデータセットに表示される点の数を減らすのに役立ちます.整数またはNoneでなければなりません.
mode:glyphsのモード.2darrow' または '2dcircle' または '2dcross' または '2ddash' または '2ddiamond' または '2dhooked_arrow' または '2dsquare' または '2dthick_arrow' または '2dthick_cross' または '2dtriangle' または '2dvertex' または 'arrow' または 'axes' または 'cone' または 'cube' または 'cylinder' または 'point' または 'sphere' です.デフォルトは2darrowです.
name:作成されたvtkオブジェクトの名前.
opacity:vtkオブジェクトの全体的な不透明度.floatでなければなりません.デフォルトは1.0
reset_zoom:シーンに新しく追加されたデータに合わせてズームをリセットします.既定値はTrueです.
resolution:作成される記号の解像度.たとえば,球体の場合,これはthetaとphiに沿った分割数です.整数でなければなりません.デフォルトは8
scale_factor:字形に適用されるスケーリング.既定では,記号のサイズは作図単位で指定されます.floatでなければなりません.デフォルトは1.0
scale_mode:グリフ ('vector', 'scalar', か 'none') のスケーリングモード.
transparent:アクターの不透明度をスカラーに依存させます.
vmax:vmaxを使用してカラーマップをスケールします.なしの場合,データの最大値が使用されます.
vmin:vminを使用してカラーマップをスケールします.なしの場合,データの最小値が使用されます.

volume

mayavi.tools.pipeline.volume(*args, **kwargs)
::
指定されたVTKデータにボリュームmayaviモジュールを適用します

source(Mayaviソース,またはVTKデータセット).

注記

カラーマップの範囲は,vmin/vmaxパラメータを使用するだけで変更できます(下記参照).カラーマップをより複雑に修正するには,ctf(色伝達関数)またはotf(不透明度伝達関数)を変更する擬似コードを以下に示します.

vol = mlab.pipeline.volume(src)

# Changing the ctf:
from tvtk.util.ctf import ColorTransferFunction
ctf = ColorTransferFunction()
ctf.add_rgb_point(value, r, g, b)  # r, g, and b are float
                                   # between 0 and 1
ctf.add_hsv_point(value, h, s, v)
# ...
vol._volume_property.set_color(ctf)
vol._ctf = ctf
vol.update_ctf = True

# Changing the otf:
from tvtk.util.ctf import PiecewiseFunction
otf = PiecewiseFunction()
otf.add_point(value, opacity)
vol._otf = otf
vol._volume_property.set_scalar_opacity(otf)

また,ctfの範囲を変更すると便利かもしれません.

ctf.range = [0, 1]

キーワード引数:

color:vtkオブジェクトの色.カラーマップを指定した場合,カラーマップを上書きします.これは0から1の範囲のfloatのトリプレット (1, 1, 1) として指定されます.
figure:SceneまたはNoneでなければなりません.
name:作成されたvtkオブジェクトの名前.
vmax:vmaxは透明度グラデーションのスケールに使用されます.なしの場合,データの最大値が使用されます.
vmin:vminは透明度グラデーションのスケールに使用されます.なしの場合,データの最小値が使用されます.

vorticity

mayavi.tools.pipeline.vorticity(*args, **kwargs)

入力ベクトルフィールドの渦度(curl)を計算する

キーワード引数:

figure:SceneまたはNoneでなければなりません.
name:作成されたvtkオブジェクトの名前.

warp_scalar

mayavi.tools.pipeline.warp_scalar(*args, **kwargs)

WarpScalar mayaviフィルタを指定のVTKオブジェクトに適用します.

キーワード引数:

figure:SceneまたはNoneでなければなりません.
name:作成されたvtkオブジェクトの名前.
warp_scale:ワープスカラーのスケール

warp_vector

mayavi.tools.pipeline.warp_vector(*args, **kwargs)

データの点をベクトルデータの点に沿って移動します

キーワード引数:

figure:SceneまたはNoneでなければなりません.
name:作成されたvtkオブジェクトの名前.

warp_vector_cut_plane

mayavi.tools.pipeline.warp_vector_cut_plane(*args, **kwargs)

スケールされた入力ベクトルに沿って切断平面をワープします

キーワード引数:

color:vtkオブジェクトの色.カラーマップを指定した場合,カラーマップを上書きします.これは0から1の範囲のfloatのトリプレット (1, 1, 1) として指定されます.
colormap:使用するカラーマップのタイプ.
extent:[xmin, xmax, ymin, ymax, zmin, zmax] デフォルトはx,y,z配列範囲です.作成したオブジェクトの範囲を変更します.
figure:SceneまたはNoneでなければなりません.
line_width:使用されている場合,線の幅.floatでなければなりません.デフォルトは2.0
name:作成されたvtkオブジェクトの名前.
opacity:vtkオブジェクトの全体的な不透明度.floatでなければなりません.デフォルトは1.0
reset_zoom:シーンに新しく追加されたデータに合わせてズームをリセットします.既定値はTrueです.
transparent:アクターの不透明度をスカラーに依存させます.
vmax:vmaxを使用してカラーマップをスケールします.なしの場合,データの最大値が使用されます.
vmin:vminを使用してカラーマップをスケールします.なしの場合,データの最小値が使用されます.